何事もスタートで、ほぼ決まってるのかもしれない・・・。

私は音楽が大好きです。

ブルースやR&Bといった黒人音楽から
昭和歌謡曲・沖縄民謡までいろいろ好きです。
(日本の昭和歌謡曲は、
世界に誇れる音楽と思っています。)

どんなミュージシャンでも興味を持ったら
まず最初はベスト盤とか名盤と言われるものから
購入して聴きがちですが、
もし可能ならファーストアルバムから聴く事にしています。

それには理由があります。
自分が好きなミュージシャンはもちろんのこと
名を残すような有名なミュージシャンには
共通していることがあるからです。

それは、
「そういったミュージシャンのファーストアルバムは
絶対といっていいほど1曲目が<名曲>でカッチョいいのです!」

商業的に売れてる、
売れていないといった評価も大事ですけど、

大衆音楽でも「芸術」として考えるのなら
「カッチョいい!」か「カッコよくない」か
「鳥肌が立つ」か「鳥肌が立たない」かいった
シンプルな評価って大事だと思うのです。

(「芸術」ではなく「興行」でなら考えは別です。
それはまたの機会で熱く語りたいと思います(笑)。)

例えば、
ビートルズのファーストの1曲目は
「I SAW HER STANDING THERE」

ローリング・ストーンズのファースト(英)の1曲目は
「ROUTE 66」

ブルー・ハーツのファーストの1曲目は
「未来は僕等の手の中」

RCサクセションのバンド編成後のファーストの1曲目は
「よォーこそ」

もう挙げだすととまらない、
かっぱえびせん状態になってきます(笑)。

でも、音楽の世界に限らず
もしかしたら最初の1歩目で行き先が決まってしまうことも
世の中には多いのかもしれません。

そんなこと言ったら
「最初で全て決まるのなら途中で努力しても意味がない。」と
言われる人もいらっしゃるでしょう。

でも、そんなことを言いたいのではなく、
それまでの過程や現実を見なかったことにしたり、
うやむやにしたままで、
途中から大きく軌道修正できることは、ほぼほぼ無くて(難しくて)

一度、立ち止まって
「まず自分たちの行く先はどこなのだろう?」といったことを
考え直してから、また新たに進む先を決めて進んでいかないと
行き先は なかなか変えられない と思うからです。

そんなことをもう一度、確認しながら
その人にとっての行き先を考え直してみるヒントを考えていくことが
私のできるお手伝いなのではないかと思っています。

答えは自分の中にしかないですから。

自分のとっての答えを導くためのヒントに
最初から耳を傾けてスタートできたから、
もしかしたら、素晴らしいミュージシャンの
ファーストアルバムの1曲目は<カッチョいい名曲!>なのかもしれません。

(フォーク時代(これもよかったのですが)を経て
新しくバンド編成で再スタートしたRCサクセションも
忌野清志郎氏がもう一度、考えてバンドとしていくのなら
個人ではなくメンバーとして考えていったらどうか?と思ったから
「よォーこそ」なんていうメンバー紹介の曲から
再スタートしたと勝手に思っています(笑)。)

結局、今回も長く語ってしまいました・・・・・・・・。
ご清聴ありがとうございました。

4つの言葉を大切にしたい。

よっぽど去年はいい事をしてこなかったのか
この3連休も体調不良で寝込んでました(笑)。

高熱が出てすぐ下がったと思いきや
それからずっと喉が痛いです。

御飯を食べても痛い。
熱いコーヒー飲んでも痛い。
冷たいお茶を飲んでも痛い。
咳払いなんかしたら動けなくなるくらい痛い。
唾を飲んでも痛い。
「モウドウニデモシテ・・・。」状態です。

連休明けの今日、朝一で病院行きました。
9時~診察なのですが8時過ぎに向かうも2番目。
9時には20人以上来られてました。
寒い中、並んで診察してもらい、その後、
38.5℃の熱ある娘(小1)を病院へ。

私は溶蓮菌感染症?娘は感染症の風邪?
来年は年明け早々寝込まなくてもいいように
今年は真面目にいいこといっぱいしようと誓った親子です。

さて、私は小3と小1の娘を持つ父親なのですが、
奥さんもフルタイムで働いていることもあり、
家事や子育ても協力し合っています。

最初はそうでもなかったのですが、
気がついたら朝御飯とお弁当は私の担当といった流れになってます(笑)。
「恐るべし、嫁!」と思いつつも楽しんで作ってたりします。

今日は始業式で給食無いので
嫁と長女はお弁当でしたので、
冷蔵庫にあるものでお弁当は作りました。

(ちなみに今日のお弁当)

子育ても  みなさんから
「娘さんは2人ともいい子ですね(親馬鹿)♪」と言われるので
ボチボチやれているかな?と思っていますが(自画自賛)、

先日参加した研修で、参加された方に
子育てはどんなことに気をつけていらっしゃいますか?と聞かれたとき
「ありがとう と同じ数だけ
ごめんなさい が言えるような人生を歩んでね。」と
育てていますといった話をさせてもらいました。

「一般的に何かをしてもらったら
『ありがとう』と言うようにみなさん育てられますが、
自分にとっていいことしてもらったら
ほっておいても ありがとう って言うように思います。
誰かに何かをしてあげた数だけ
誰かに何かをしてもらうのが人生なら
ありがとう と同じ数だけ ごめんなさい がいえないと
いけないように思っています。」と言って
特にご年配の方(失礼)に賛同してもらったのですが、
すみません、これはネイティブハワイアンの「ホ・オポノポノ」って
考え方の受け売りなんです(笑)。

でも、とてもシンプルな考え方なんですけど
人生を、人付き合いを素敵なものにするヒントだと思っています。

それはとても簡単。
4つの言葉を実際に口にすることで、
自分自身を、
今日一日をクリーニングするのです。

その4つの言葉はこの4つ。

Thank you (ありがとう)
I’m sorry   (ごめんなさい)
Please forgive me  (許してね)
I love you  (愛してる)

私が思うに、ポイントは
素直に「ごめんなさい」と「許してね」が言えるかどうかですね。

人間関係でここをきちんと言えない人とつきあうのは
本当に疲れます。
特に親や上司、先生といった上の立場の人が「ごめんなさい」が言えず
言い訳や逆ギレが多い場合は本当に傷つきます。

(個人的に親分って、優れてるからなれるっていうより
悪いときにきちんと「ごめんなさい。」がいえる人だからこそ
ついていけるし、許せるように思います。)

でも、逆を返せば、
この4つの言葉が丁寧に言えるだけで
人生の達人になれるようにも思うのです。

家族でも友人関係でも一緒ですね。

ちなみにうちの奥さんは
とても綺麗に「ごめんなさい。」が言える人です。
その姿勢にいつも感心し、尊敬しています。

なので、私はお弁当作り係に
自ら志願しているのかもしれません(笑)。

娘に「ごめんなさい。」が綺麗言えるように言ってるので
自分もきちんと言える父ちゃんでい続けたいと思っています。

もし、大切な誰かと行き違いがあったりしたら
この4つの言葉を伝えてあげてください。

我が家はきちんと言ってるので、
家族仲良しというか 夫婦仲良しというか
その結果、見事なまでに尻に敷かれているような気がするのは
気のせいと思う今日この頃です。

※長いお話にお付き合い頂きありがとうございました。
次回はたぶん、短く書きます(笑)。

ご挨拶

昨年度末に新しく立ち上げたブログ。

年明け2018年早々から更新する予定でしたが、
1月2日に叔父が亡くなり、お通夜や告別式が行なわれ、
その後には、39.1℃の高熱が出るなどして今日の更新となりました。

さて、いきなりの言い訳から始まりましたが(笑)、
新年早々いろんなことが起きていますが、
個人的に一番ビックリしたのは、
星野仙一 元監督が亡くなられたことです。

私はいろんな例え話をするのが好きなのですが、
殊更、野球に例えてお話することが多いくらい
プロ野球が好きです。

好きだから例えるというより、
野球の世界は、エピソードや裏話が多く、歴史もあり、
例えやすいから好きといったほうがいいかもしれません(笑)。

例えば、星野監督も故 仰木監督も
「理想の上司」ランキングにあがるほど人気がありますが
実際は好き嫌いも激しく、相手を見切ることも多々あり
我々が描く人物像とは、かけ離れている側面があったりすることも
多かったようです。

私はそんな側面が人間臭くて、逆に好きなのですが、
人によってはビックリするような話も多々あるのも事実。

それもこういった裏話などの書物などは多数あるから
知りえることがあるのであって、
プロ野球の世界に限らず、そんな人間ドラマを
知ることができる世界が大好きです。

なので、私の話は
プロ野球やプロレス、音楽といった裏話の多い世界で
例えられることが多くなるのは、
あらかじめご理解頂きたく思います。

こういったノンフィクションには
フィクションには無い、実践に基づいたヒントが多くあります。
それを参考にいろんな話もしていきたいと思っています。

本日はご挨拶まで。
これからいろんな話を更新していきますので
よかったらこれからもお付き合いください。

森下泰成

ブログを始めました。

はじめまして、森下です。
本日よりこちらで新たにブログを始めます。

仕事のことはもちろんのこと、
趣味を絡めての話や家族のことなど
いろいろと書いていこうと思います。

何卒よろしくお願いします。