アートとデザインの違い

自分の好きなことを表現するのがアート。
相手の好きなものを表現するのがデザイン。

先日聞いて妙に納得した言葉。

絵画を習っている2人の娘に
いつも言っている言葉に
似ていることに気づきました。

私が いつも娘に言っている話。

趣味なら自分の描きたいものを
描きたいように描いたらいいけど、
コンクールで入賞したいなら
入賞できる絵を描かないといけない。

どんな絵なら相手は嬉しい?
どんな絵なら相手の目につく?
どんな絵なら相手は相手は選んでくれる?

過去、どんな絵が入賞してるの?
よく入賞する人は、どんな絵を描いてるの?
それを参考にしないといけないから
まずはそれを調べてみよう。

入賞したいのなら入賞してもらえる絵を
描かないと選んでもらえないよ。

そんなこと言っていたら
娘たちは絵を描く前に
いろんなことを考えて、
描くようになりました。

入賞するだけが全てではないけど
コンクールに申し込むなら
入賞しようと思わないといけないし、
そもそも人に誉められることって
とっても喜びと肯定をもらえますから。

少し前の流行歌が思い違いを生んでるけど、
天才ではない限り、
ナンバーワンを目指す過程がないと
オンリーワンには出逢えないと思います。

参加することに意義がある。

子どもの頃よく言われた言葉。
そんな価値観で人と競うのは逆に危険。
趣味や遊びならいいけど、
ビジネスや競争では
逆に傷つくような気がします。

趣味ならアートでいいけれど
ビジネスならデザインを目指さないといけない。

なんか現実的な大人の意見ですが、
改めて自分を見直せる機会になりました。

コロナウイルスの影響で
あまり外に出歩くこともなくなったので
ひたすら読書をする時間が増えました。

毎日、いろんな言葉に出逢えてます!!

初心忘るべからず

24年前の今日、
瀬戸内海に浮かぶ島に隔離され(笑)、
新人研修が始まりました。
私の社会人生活が始まったのです。

あっという間の24年間です。
今、振り返れば20代は、
全然うまくやれませんでした。

帰りたくない時代ですが、振り返れば、
なんと輝く時間だったことに気づきます。
嫌なことは都合よく忘れていき、
楽しかった思い出しか浮かびません(笑)。

経験も重ね、知識も増えましたが
あの頃の気持ちは忘れないようにしたいです。

「初心 忘るべからず」
世阿弥が残したこの言葉。

一般的には
「慣れてくると慢心になりがちだが
最初の頃の気持ちを忘れてはいけない。」
と使われがちです。

世阿弥は、
そんな初心を「花鏡」で
「是非の初心忘るべからず、
時々の初心忘るべからず、
老後の初心忘るねからず。」と
3つの時期に分けて説いています。

「是非の初心忘るべからず」とは、
「未熟だった頃も忘れることなく、
それを基準にしていかねばならない。」

「時々の初心忘るべからず」とは、
「その歳にふさわしいチャレンジは
その段階においては初心者である。
それを忘れてはいけない。」

「老後の初心忘るべからず」とは
「年老いて初めて行うこともあり、
そのときもやはり初心者である。
歳をとったからといってできるとか
完成したとかはない。」

そう思えば今の私は
「時々の初心」の段階ですね。

改めて、いつの時代も初心者であることは
人生においてたくさんあります。
奢り高ぶることなく、謙虚にやっていくよう
24年目を迎えた今日、
自分自身に言っておきたいと思います。

道を聞かれる人になりなさい。

先日、ネットで見たお話。

その人は、おばあちゃんに
「道を聞かれるような人になりなさい。」
と言われたそうです。

「なぜ?」と思い、聞いてみたら
おばあちゃんはこんな話をされたそう。

「道に迷った人が道を聞いてくるということは
とても話しかけやすい、
声をかけやすい佇まいであるということ。

といって声をかけやすいと言っても
頼りなかったら聞いてはこない。

この人なら知っているだろう、
ちゃんと教えてくれるだろう。
そんなしっかりとした、頼りがいがないと
わざわざ声は、かけてはこない。

そんな風に親しみやすいけど、
それでいてしっかりしていると
思われるような人になりなさい。」
と言われたようです。

「なるほどな~。」と、とても感心しました。

観光地で「写真を撮ってもらえますか?」と
声をかけられたり、
近所の子どもに気軽に「おっちゃん!」と
声をかけられたりすることも似てますね。

そんな親しみやすいけれど
頼りがいのあるしっかりした大人。
そんな人間になりたいなと
ふと思った今日この頃です。

ちなみに40歳過ぎてから
家の横の側溝の草引き、掃除をしていたら
通りすがりのおばあちゃん(80代位)に
「ボク、ええことしとるな。」と
誉められたことがありました(笑)。

これは一体、
何を物語っているのでしょうか?
謎です・・・・・。

逢いたい人には逢っておく。

何気にカレンダーを見て思い出したこと。

17年前の2003年3月20日。
17歳の時に日本初来日したことをきっかけに
大好きで聴き続け、ずっと憧れていた
ローリングストーンズを初めて
大阪に観に行った日だったことを
思い出しました。

生で観るのは、30歳のこの時が初めて。

長年、片思いだった女性と
初めてのデートができるくらい
ワクワクして待っていました(笑)。

憧れた17歳のときから30年経った今でも
聴き続けているのですから
なかなか一途な片思いです♪

もともと音楽が大好きでしたが
これをきっかけに洋楽を聞き始めました。

ストーンズの初期は
R&RやR&B、BLUESなんかのコピーが
多くて、古い音楽を教えてくれる
教科書のようでしたので、
どんどん先祖返りして深くハマっていく
健全なストーンズファン化(笑)。

20歳になったくらいからは
ジェームス・ブラウンや
レイ・チャールズ、ボブ・ディランなどの
ライブにも行きはじめる早熟な展開。

邦楽も結構、ライブには通ってました。

ただ一番の憧れのストーンズだけは
なかなか観れる機会がなかったのですが、
17年前の今日、夢が叶ったのです。

憧れに初めて触れたことに
あまりにも感動したので
このライブを観たときから
私の中で決めたマイルールがあります。

それは、逢いたい人には逢っておくこと。
逢えなかったと悔いを残すのなら
逢える機会を積極的に作ろう!

仕事もある。
家庭もある。

いつでも逢えるわけでも
もちろんない訳ですが、
またいつか逢えるからと先延ばしにせず、
逢いたい人には自分から機会を作って
逢うようにしました。

毎年逢える人もいますが、
10年に1回くらいしか逢えない人もいます。
でも、過ぎ去る時間を言い訳にして
交流を閉ざすのではなく、
いつ逢うかを決めて逢うことを
心がけることにしました。

なので、この歳になっても
人生において各時代における親友などには
今でも逢えていますので、
とても幸せな人生と思っています。

行きたい所には行っておく。
やりたいことはやっておく。
悔いのない毎日を過ごす為にも
私は逢いたい人には逢う人生を送っています。

なので、ローリングストーンズがもう一度、
日本にやって来たら
私は逢いに行くことはずっと決めてます(笑)。

ミックジャガーも
キースリチャーズも現在76歳。
もう一度、逢えることを祈念。

そして、私が70歳まで元気に生きていれたら
その時には生前葬をして、
逢いたい人にみんな逢おうと決めてます。
もし、向こうが来れないのなら
生前葬の後からでも日本中どこへでも
逢いに行こうかなとも企み中・・・。

最近、思っているのは
元気なうちにみんなに逢いたいので
生前葬を60歳でやることを
早めるかどうかだったりします(笑)。

今日はお彼岸だったりするので
亡き父や亡き親友にも逢いたいですが、
これは叶わぬ思いなので、
故人を偲んで、想い出話でもします。

「マニュアル」の重要性

コロナ騒動は、
まだまだ収まりそうもありません。
先日、9時台の新幹線に乗りましたが、
乗った車両に乗客は私だけ(!)。

もちろん新神戸、新大阪からは
乗ってこられましたが、
4分の1も埋まってませんでした。
この時間帯は70%くらいの乗客が
いつも乗られています。

新幹線が止まったりしないか
心配になってきました。

マスク、うがい、手洗い・・・
(手洗いは1日10回以上してます。)
そして、免疫力を下げない様に
早寝して体力温存、体力充電して、
毎日を過ごすように気をつけています。

仕事であれスポーツであれ
なんでもチームでやっていることって
議論して訂正したほうがいいことや
やり方を改善したほうがいいことが
たくさんあったりします。

当事者目線でなく第三者的目線で
詳しく話を聞いていくと
改善、解決することは
結構、簡単にできるのでは?と
思うことが多くありますが、
なかなかスムーズにいかないことも多数。

頑なに「できない」っと
言われてしまうことも多いです。

傍目に見て
「そんな難しいことではないのに?」と
思いますが、なかなかできない。

「なんでだろう?」と思っていますが
最近、スムーズにいかないことって
理由が同じだなって思うようになりました。

その理由は2つあります。

1つは「リーダーが
こうでなければいけない。」って
思いこまれていること。

もちろん、理念やミッションを
そんなに簡単に変えてはいけないとは
思っていますが、
どうやってやるかの手段や方法に
こだわることもないように思います。

昔はどうだったかもしれないけど
やり方は時代で変わって当然。
「何」を変えてはいけないけど
「どう」は変えたほうがいいですから。

何百年続いた和菓子の老舗ですら
実は砂糖の量を変えたりして
時代に対応しているのですから
やり方に執着して
成果が出にくくなっているのなら
変えてみる勇気次第な気がします。

そして2つ目。
これが結構面倒くさい問題(笑)。

それは「チームの誰かが
自分の立ち位置を守るためか
その人でなければできないように
情報や作業を独占化して流れの一部を
ブラックボックス化していること。」

自分の立ち位置を守りたい気持ちが
変な形で出ている結果?

本来、業務や作業は
誰でもできるように標準化していかないと
問題点、改善点すらわからず
どんどん滞ってきます。

何よりそうしていかないと
その人が退職、休養になったとき
とたんに困ります。

そして、自分でなければ
仕事ができないようにする人に限って、
業務外や休日などに起きる
緊急な電話とかにも出ない人や
対応すらしない人が何故か多いので
本当に困ったものです(苦笑)。

きちんと休日を楽しんだり
業務外はゆっくりしたい人こそ
情報ややり方をオープンにして
誰にでもできる業務にしないといけないのに、
していない人が多いのが現実。

後から言ってみても仕方ないですから
最初から「誰かだけしかできないような
ブラックボックスを作らない。」ことを
チームのルールにして
最初に伝えていないといけません。

それをあらかじめ文言や図で形付けたものが
「マニュアル」というのなら
やっぱり大事だと言わざるをえません。

マニュアル化を否定的に言う人もいます。
対人対応においては特にその傾向が強い。

と言っても、事前に言葉やルールにすら
できていないような大事なことを
個人の力量まかせにするのも危険ですし、
そもそも何に基づいて改善したらいいのか
根拠が何かわからないので
できるはずもないのではないでしょうか?

リーダーには柔軟性を持ってもらいたい
思いもありますが、
まずはマニュアルを作って、
ブラックボックスを無くすことが先決。

いつも個人の感情次第で
トラブルが起きてめんどくさいので
マニュアル作りに取り組めたらなと思います。

もちろん我が家にも
マニュアルらしきものがある為か
とても平和な毎日です。

私が家にいるときは、
朝御飯とお弁当を作り、
洗濯をして、ゴミ出しをして、
掃除もして、子どもたちの宿題も見て、
晩御飯も作って、お風呂を貯めて、
子ども寝かしつけて、洗濯物をたたんで、
夜は力尽きるまで家事するだけで
我が家は毎日、平和です・・・・・・・・・。

ご参考にしてください(笑)。

気難しい人とうまく付き合うには・・

コロナウィルスが猛威を振るってきました。
昨日、私の地元近くでも
感染者が見つかった模様。

うがいや手洗い、マスクも大事ですが、
ちゃんと栄養とって、しっかり寝て
免疫を高めておくことが大事。

規則正しく健康な毎日を過ごせるように
気をつけていきたいと思います。

先日のふとした会話でのこと。

例えば、社内にいる気難しい上司。
学校にいた気難しい先生。
近隣に住まれている気難しい方。
生活していると何かと気難しい人がいて、
対応が大変だったりします。

嫌いと言って逃げれたら簡単ですが、
といっても接していかなければいけない
相手ならそうも言っていれません。
どうしたらうまくやり過ごせるのか?

そんな会話になり、
「森下さんはどうされますか?」
といった質問されました。

私は実は好き嫌いが激しいので、
プライベートでは嫌な相手とは
接点を持たないようにしているのですが(笑)、
昔から交流を絶てないと言うか、
先生や上司といった関係性の中で
そういった気難しい相手とは
結構うまくやれていたりします。

年上、目上の方には末っ子キャラ全開で
甘えられる得な性格もあるのですが(笑)、
「うまくやれる秘訣は何か?」と聞かれたら
「関係がややこしくなる前に
相手の懐に踏み込んで仲良くなってしまう。」
これに尽きるのではないでしょうか?

言うのは容易いですが、
これって結構できてる人は
少ないように感じてます。

「同じことしても上司にあまり叱られない。」
「同じことをしてもいつも許してもらえる。」

「あいつは得だな~。」と言われてる人って
キャラで許されていると思われがちですが、
実は、周りの人より先に人間関係を築いて
未然に防ぐことをしているのが
本当の理由だったりします。

「すみません。2~3日
駐車でご迷惑かけるかもしれません。」
「すみません。隣に引っ越してきたのですが、
子どもが騒がしくするかしれません。」

仕方ない事だったとしても
相手が怒る前に、先に一言言ってたら
揉めることなくスムーズにいってたのに
やることなすことが配慮不足だったり、
後手になったが為に
何をしても文句を言われるようになり
立場をなくしてしまうことも
同じメカニズムですよね?

特に仕事では、
こういった根回しのような行動が
先のクレームやお叱りを防ぐことになりますが、
矢面に立つのが嫌だからやらなかったり、
めんどくさいからと後回しにしたりして
ドツボに嵌っただけなのに
棚に上げて、自分は悪くないと
主張する人が一番の問題だったりします。

言われる前に言っておく。
怒られる前に謝っておく。

先に踏み込んで接点を持って
相手と仲良くなっていたら
今まで人間関係でうまくできなかったことが
50%あったとしたら
それが5%とか10%までは
減らせれると思っています。

(あっ!100%うまくは無理ですよ。
失敗もすることもありますし、
何よりどれだけ上手くやっても
絶対分かり合えないモンスターもいますから。
その場合は、礼儀正しく堂々と早めに去る。
これしか方法はない(笑)!)

相手の懐に踏み込む。
揉める前に仲良くなってしまう。

どうやったらできるのですか?と聞かれたら
具体的にはまず「挨拶」をする。
これが絶対で、
なおかつ一番簡単な方法だと思います。

これも言うのは簡単ですが
できている人、少ないですよ。

利害関係がはっきりある相手ならさておき、
誰にでも挨拶できている人って
1割もいないのではないでしょうか?

子育てをする中で、
子どもに「挨拶ができるように・・・。」と
小言を言う大人は多いです。

私もその一人で、
娘に言うからには自分もできないとと思い、
知らない相手にでも積極的に挨拶しますが、
できない大人がこんなに多いのかと
ここ10年間、毎日思っています(笑)。

「才能」がいるわけでもなく
「資格」がいるわけでもなく
「挨拶」なんて誰でもできるはずですが、
誰もができていないもの。

どんな相手でも円滑な人間関係をつくるのが
自分の人生をよりよくすることなら
具体的には「挨拶」から始めること。

結果、気難しい相手ともやりすごせるのは
そういった先手の心遣いにすぎない。

そんなシンプルなことなんだと
改めて気づけた機会でした。

コロナウィルスも
「挨拶」で去ってくれたらいいのに・・・・。

食事をするときの会話

2月は、なんだか慌ただしい毎日です。
そんな書き出しをすることで
最近、ブログ更新をしていない言い訳を
しれっとしてる森下です・・・(笑)。

今日、2月24日は長女の誕生日。
11歳になりました。
あっという間に大きくなります。
今晩の晩御飯は、
長女の大好物の唐揚げと揚餃子を
大量に揚げるミッションを
奥さんより指示されています。
頑張ろうっと♪

先日読んだ本に書いてあった話に
妙に納得したお話。

日本マクドナルド創業者の藤田田さんが
書かれた「ユダヤ商法」なる本を読んでました。

お金儲けにとてもシビアなユダヤ人の考え方。
納得することもビックリすることも
いろんなお話が書かれていました。
その中で面白いお話が書かれていました。

ユダヤ人に「人生の目的は何だ?」と
聞かれた藤田田さん。
当然「金を儲けること」と思っていたら
答えは予想外にも
「おいしいものを心ゆくまで食べること。」

「それでは、人間はなぜ働くのだろう?」
と聞くと、ユダヤ人の答えは
「人間は食べるために働くのさ。
働くためのエネルギーをつけるために
食べるのじゃあないよ。」
と答えられた話。

なんとも興味深いお話でした。

そんな考えのユダヤ人なので、
ユダヤ人は食事の際には
戦争や宗教の話と並んで、
仕事に関する話は絶対にしてはいけない
暗黙の掟があるのだそうです。

昔、一緒に食事をしたくない人がいました。
どれだけ美味しいご飯を食べれるとしても
全然、一緒に行きたくないんです。

今、思えばその人は、
いつも仕事の話ばかりの人でした。
なんなら食事してるときの
会話のほとんどが説教タイム・・・。

どれだけご馳走食べても全然おいしくなく
嫌だった理由がわかり、妙に納得しました。

でも、こうしたことって
結構多いように思います。

例えば、去年年末によく見かけた
職場の忘年会をスルーするといった話。

社会人として組織人として
そういったコミュニケーションの場を
全て否定するような話もいかがなものか?と
いった思いもありますが、

もしその場の話が仕事の話ばかりだったり、
立場の弱い人たちに何かと
攻撃だけするだけの機会でしかなかったのなら
そもそもそんな楽しくない場は
嫌でしかないわけです。

そうならないような空気づくり、場づくりに
取り組まない限りどんどん
コミュニケーションの機会が無くなりますよね?

食事中に仕事の話はしないぐらいの
心の余裕はもってほしいものだと
書かれてましたが、
仕事のパートナーであればあるほど
逆にそう心がけないといけないのかも
しれないと思いました。

奥さんといつも話すことなのですが
「楽しいことや嬉しいことは
何を食べるかでなく誰と行くか。
どこに行くかでなく誰と行くか。」
そう思っています。

嫌いな人と最高級の肉を食べても
美味しいってそれほど思わないけど
好きな人と安物の肉を食べても
美味しいって思うよなって話。

毎日の生活のパートナーである家族と
一緒にご飯を食べるときは
その1日であった楽しかった話を
しながらみんなでワイワイ食べてます。

たまにはご飯の前に娘達を怒ることは
ありますが、食事の前には小言は終わって
なんだかんだとおしゃべりして
晩御飯を楽しみます。

一生懸命お話してくれる娘たちを見ながら
お酒を呑んで楽しく酔っぱらう
そんな父親をしています。

でも、そんな晩御飯が
一番幸せだったりします。

とは言え、忙しい日本人ですから
三食全てとは言えませんが、
晩御飯くらいはゆっくり楽しみたいですね。

今日は長女の誕生日。
修行僧のごとく
唐揚げ、餃子を揚げ続けたら(笑)
後はビールでも呑みながら
家族4人で楽しくご飯を食べて、
ユダヤ人の如く、人生を楽しみたいと思います。

偉大なる月見草、おつかれさまでした。

出張続きで今日は休み。
家族でブランチがてら家近くの喫茶店へ。
このお店はかれこれ30年以上
流行っているお店。
今日も相変わらずのお客さん。

帰りにふと貼り紙を見てビックリ。
人手不足で17日~休業するとのこと。
流行っているのにお店ができない。
矛盾してますが、こういったケースは
これからどんどん増えそうです。

「なんだかな~。」と阿藤快さんのような
独り言をつぶやきながら家に帰りました。

そんな喫茶店で待っていたときのこと。
携帯に友人3人からLINEが来ていて
開いてみたら内容はみんな同じ。

元プロ野球の名監督、野村克也さんが
亡くなられたことを知り、ビックリしました。

奥さんが亡くなられてから傍目にも
元気がなさそうではありましたが、
突然って感じは否めません。

詳しくはわかりませんが浴槽で
亡くなられてたようで
ヒートショックの可能性が・・・。
私の父もヒートショックで亡くなっています。

今は「あたたかい家」といったコンセプトが
家づくりではよく言われてますが、
もうちょっとツッコんで言えば
「部屋と廊下や水回りと温度差がない家」
って表現の方が適切ですかね・・・。

元気で健康に過ごせる為にも
温度差ない家は、当たり前になっていきます。

東北は駅の公衆トイレですら暖房が効いてて
関西よりも全然暖かく過ごせます。
力技とは言え、雪国の方が
冬は暖かく過ごせるのも
いつも不思議な感じがしますね。

方法はさておき、理由は素直に受け止め
実行はしていきたいといつも思います。

さて、野村監督のお話。
野村さんの考えには結構、私は影響受けてます。

以前にも書いたことありますが、
野村監督は「天才」ではなく、
「秀才」であったと思います。

よく比較される長嶋監督は天才肌。
野村監督は秀才。
天才は努力なく結果を出せた人といった
ニュアンスで語られがちですが、
長嶋監督も現役時代は
メチャクチャ努力はされていたはず。
もちろん、野村監督も。

天才と秀才はどんな違いがあるのか・・。

個人的には
「天才」は結果を残したけど、
そのやり方を言葉にして人に説明ができなく、
「秀才」は結果を残して、
なおかつそのやり方を言葉にして
人に教えることができる人と
勝手に仮定しています。

たくさんいる秀才の中でも
野村監督は言葉にして人に伝えていける
秀才の中の秀才というのが私の評価。

野球選手なので野球での場面ばかり
いろいろなお話をされていましたが、
日常や仕事でもアッと思う言葉が多かったので
結構、本は読ませてもらいました。

もう野村監督の考えやお話が聞けないのは
とても残念ですが、
今までの言葉を読み返してみたいです。

自ら月見草に例えられていましたが、
ネガティブな中にもユーモアがあり、
ヤクルトの監督就任以降は、
向日葵だったのではないでしょうか?

若い頃は月見草で、歳とってから向日葵。
人間として実は、
理想の人生だったのではないでしょうか?

年末のM-1で優勝したミルクボーイが
優勝した時に「苦労人が報われた」って
書かれていて誰かが言ってた言葉が
妙に心に残りました。

「苦労人」っていうのは
才能があるのに評価されなかった人のこと。
才能もない、結果も出していないのに
評価されていない人は「苦労人」とは言わない。

ミルクボーイは昔から面白かったけど
全然売れず、認められなかった。
そんな2人がM-1で優勝したから
「苦労人」が報われたのだって話。

なるほどなって納得しましたが、
野村監督の現役時代はまさにこうですよね。

通算本塁打2位。
通算安打数2位。
通算打点2位。
通算出場試合数2位。
首位打者1回。
本塁打王9回。
打点王7回。
三冠王1回。
すさまじい記録・・・・・。
なのに、全然 騒がれない。

NHK解説者時代のノムラスコープの
高評価を経て、ヤクルト監督就任。
巨人長嶋監督と比較されつつも
世間から騒がれだしてからの30年間は
向日葵だったのではないでしょうか?

苦労人が報われたといった表現が
ピッタリのような気がします。

大好きだった人が
他界していくのは残念ですが、
改めて残された言葉を読み返してみたいですね。

野村監督は有名な言葉、名言が多いです。
その中でそんなに有名ではないですが、
さっき私が話したことと同じようなことを
以前、自著で書かれています。
最後にその言葉を転載しておきます。

野村監督、おつかれさまでした。
一ファンとして心からご冥福をお祈りします。

「人間社会において、言葉は常に大切だ。
適切、的確な言葉で表現できるかどうかは、
人間の度量を示す大切なものさしとなる。
特に監督など上に立つ者が、
部下のモチベーションを高めるために、
言葉の使い方を間違えてはならない。
監督は自らの意思を伝達することが仕事であり、
伝達の道具が言葉なのだ。」
野 村 克 也

「基本」の意味を理解して、自分の型を作っていく。

皆さんはどんなことをして
時間潰しをされていますか?
例えば、新幹線などで移動中の時など。

主に私は読書をしているか
Youtube鑑賞をしています。

Youtubeでは落語か漫才か麻雀を
主に見ているのですが(笑)、
いろんなジャンルを見ていると
たまに衝撃を受けるときがあります。

初めて観たのは去年の年末だったかな?
プロ野球のバッティングについてなのですが、
これがもう目から鱗な内容。

今までいろいろ聞いてきた基本が
根底からひっくり返らされる内容に驚き
とても興味深いのと同時に
どの世界も似ているのかもしれないなと
改めて思ったりしました。

バッティングは最短距離で振ることが大事。
ダウンスイングが基本だと
教えられているのが常識でしたが、

実際、実績を残している人たちは
軌道を長く保ち、後ろ大きく前小さく
振っている人達ばかりでビックリしました。

また、①腕は動かさず、
②腰→③肩の順番で
動作するような指導が多かったですが、

実際は①腕は動かしてよく、
②肩→③腰の順番で動かすか
②③肩と腰を一気に回すのがよいと
今までの基本とは逆の話をされていました。

こういった考え方だったと話されてたのが、
イチロー選手、落合選手、城島選手、
バリー・ボンズ選手といった錚々たるメンツで、

こういった理論でされていたのが、
王選手、野村克也選手、青木選手、松中選手、
中村紀洋選手、秋山翔吾選手、吉田正尚選手、
柳田選手にケン・グリフィーJr選手・・・・。

逆に基本とされていた
指導通りしなかったから
こういったメンツが
実績を残されたとしか思えないくらい、
実際、結果を残した人は
そもそも物の見方、考え方が違っていたんだと
わかるような内容でした。

ちなみにキャッチャー側の腕は
身体から離してはいけないのにも関わらず、
離さないとダウンスイングができないこと や
ダウンスイングは手だけで打たないと
できないことを知ると
そもそも指導者はなぜダウンスイングを
勧めていたのか?と思ってしまいます。

住宅営業でも同じように思う事がありました。
私は住宅営業を22年してきましたが、
最初は全然、売れませんでした(苦笑)。

基本通りやっても売れない、
これが大事だと言われることを
素直にやっても売れない。
なんでなんだろう?と思っていました。

実際、売れている人と話したら
意外とみなさん基本通りではありません(笑)。

売れるようになるきっかけになった
とある研修を受けたときには
今まで良かれと思ってしていたことが、
実は全然よくないことに気づかされ
その時にいろんなことを思ったことを
思い出したりしました。

例えば、それはこんなこと。
ハウスメーカー時代に
電話は高い声で話せと指導され
よかれと思い実践していましたが、
その姿勢は大間違いでした(笑)。

低い声でゆっくり話したほうが
圧倒的に信用できる話し方だったことを
知るだけで随分変わったように思います。

誤解しないで欲しいのですが、
基本を馬鹿にしている訳ではありません。
基本は大事と思っています。

ただ、それだけでは結果は出ないですし、
何よりその基本も
人によっては、キャラによっては
不変のものではありません。

自分なりの形に変えていかないと
実践ではなかなか結果は出ないです。

例えば、恋愛の話に例えます。
真面目で優しい男の方がいいとは思いますが、
実際モテているのは、
いいかげんな男だったりします(笑)。

そこだけ見たら勘違いしそうですが、
別に、いいかげんな男がいいのではなく、
自分の気持ちに正直で一貫性があれば
いいかげんに見えても
魅力的に映ったりするからだと思います。

いくら優しくても
いくらいい事を言ってみても
それが人を見て態度を変えるような
本心ではなかったら
相手に見透かされてしまう。
そんなことがモテない結果に
つながってしまうのでしょうね。

何でも、キモになることを
誤解してはいけません。

だから結果を残している人が
一体、何をしているのか?
一体、何を大事にしているのか?
そこをマネするのが、一番早く
成果は出るように思います。

カンニングは大人には許されていますから。
仕事にはと言ったほうがいいかもしれません。
成功者のマネをすることが一番です。
ただ、間違った解釈はいけませんが。

後、お客様からアポイントをとることは
新規のお客様よりも
何回も来てくださるお客様の方がよい
といった考え方がここ数年多かったですが、
最近は新規のお客様の方がいいと
改めて言われています。

でも、本当はいつの時代も
新規のお客様の方がアポイントは
取りやすいのが事実だと思います。
言わなかったけど・・・。

ではなぜ新規のお客様より
何回も来てくださる方の方がよいと
言われてきたのか?
他にも理由はいくつかありますが、
一番大きな理由は
そう言っておかないと
何回も来てくれるお客様を軽視して
丁寧な対応をしないから。

新規のお客様だけを丁寧に対応する
無礼な接客をしてしまうから
その戒めに言ってきたのが
大きな理由と思います。

実際、新規のお客様だけに
対応していくのなら
年間12棟は売れてもそれ以上売れない。
何回も来てくださるお客様も
大事にしてこそ、
それ以上の成果が出せる秘訣だと。

1年だけでいいならそうでなくても
何年も実績を出し続けている人なら
納得してもらえると思っています。

そこが腑に落ちてもらえるためには
実際、経験して理解してもらうしかなく、
だから繰り返し言っていたのが
本当の理由だったのではないでしょうか?

ダウンスイングが大事と何故、
指導者は繰り返し言っていたのか?

そうやって戒めていかないと
テクニック面での理由ではなく、
気持ちの面で大きな態度になり
勘違いしていくことを防ぐために
そんなことを言っていたのかな?と思ったら
なんか言い続けた理由も
わかるような気がします。

だから人格者の王さんは
「最短距離でダウンスイング」とか
「ヒットの延長がホームラン」とか
言われていたのなら納得できました。

でも、それがいろんな野球選手の
大きな勘違いや大きな遠回りに
なっていたのかもしれません(笑)。

となったら、やっぱり
きちんとしたコーチに教えてもらうことが
一番成長には大事なのでしょうね。

そんなコーチになれるよう精進します!