やらない理由を探すのが上手くなると・・・・

さて、突発性難聴と診断されて2週間経過。
毎日、薬は飲んでます。
聞こえてはいますが、
やっぱり違和感、継続中・・・・。
慌てず諦めずボチボチやっていきます。

先日、久々に本屋さんに行き
たくさん本を買い込みました。
最近、移動中や寝る前は読書三昧です。

本を読んでいると
いろんな気づきがあったり、
何を思い出したりして
本当、貴重で楽しい時間です。

そんな中、数年前のリクルートの
キャッチコピーなんですが、
こんな言葉を読みました。

「やらない理由を
探すのがうまくなると、
成長は止まる。」

いや~、その通りだなと感心。
経験積んで年月が経ってくると
言い訳が上手くなってくるんですよね(笑)。
私もそんな感じでした。

2年前まで住宅営業をしていましたが、
15年位前かな?
営業時代に聞いて、
ハッとした言葉に似ています。

「売れてない営業マンが
売れてる営業マンよりも
上手いことが一つだけある。
何かわかる?

それは、売れてない営業マンに
売れない理由を聞いたら
それは売れない理由や言い訳を
もっともらしく、長々と
ものすごい上手に言うんよな(笑)。」

この話を聞いたときは、
私も大笑いして聞いてました。

が、自身自分が
その売れていない営業マンなことに
その後すぐ気づいたのに、
傷つきたくないからか
その時は気づていないふりして
他人事で笑ってましたが、
その話を聞いた帰り道、
頑張って売れるようになろう・・・って
思ったことを思い出しました(笑)。

年を重ねてベテランになるほど
できてない自分を受け入れることは
日増しに至難なことになりますが、

自己防衛して現実逃避するほど
まだ年齢もキャリアも積んでなかったので
ちょっとは素直に受け入れられるときに
この言葉に出逢ってよかったな~と
50歳前の今、一層深く思いますね。

よかった、よかった。
(と言っても周りから見たら
そんなにアンタ成熟はしてないよと
ツッコまれそうですが、
今日はツッコまないでください(笑)♪)

(こんな頃だったと思います・・・。)

後、こんな話もありました。

「どうしてあの人が契約してくれたと思う?」
と聞かれたら、
いかにあの人は商品ではなく
私自身を選んでくれたんだと力説して、
「では、どうしてあの人は他決したの?」
と聞かれたら、
向こうの方が安かったからとか
向こうの方が有名な会社だったからだと
言っていました。

競合に買った理由はほとんど自分の力。
競合に負けた理由は全て価格や商品など
他の力なんだね~。
へぇ~、そんなに結果は偏ってるんだね~。

そんなことをただ言われた時に
自分が選んでもらえなかったのは
自分の力不足、提案不足、配慮不足、
ヒアリング不足だったのに、

自分には全く非がないといった態度で
見たくない現実を見ないふりしていることに
気づかされて赤面になって
早く逃げ出したくなったことも
思い出しました(苦笑)。

でも、若かったうちに
赤っ恥かかされながらも
そんなことを気づかせてもらえる機会や
人に出逢えたことは今となっては
本当に宝物で感謝の気持ちで一杯になります。

もうそんな若くない。
今更、そんなことはやらなくてもいい。
そんなことしてる時間はもうない。

そんな言い訳している自分がいることに
改めて気づかされた感じがします。

今、仕事で色々な人に色々なことを
伝えさせてもらっています。

みなさんに偉そうに言うのなら
自分自身も受け入れたくないことでも
受け入れないといけないことは
きちんと受け入れる人で
あり続けれるように
日々心掛けていかないといけないですね。

まだまだ私も成長していきたいので。
謙虚に丁寧に頑張っていきたいと思います。

追伸
先日のこと。
久々に友人たちと麻雀してたのですが、
人生で初めて「字一色」上がりました!
こんなことあるんだとびっくりしました。

振り込んだ対面の友人は、
そんな事実を受け入れて堂々としていました。
見習おうと思いました(笑)。

「あっという間の人生」

12月になりました。
今年も後1か月!!
歳を重ねる毎に1年が
「あっ!」という間に過ぎていきます。
1年の締めくくりとして
この1か月は色々と考えてみたいと思います。

先日、ネットを見ていたときのこと。
時間があっという間に
過ぎていくなと思う時期だからか
やけに胸に残った言葉がありました。

田口久人さんという方の
「あっという間の人生」という詩。
それはこんな感じでした。

【夢中で駆け抜ける10代
真剣に将来を考え始める20代
人生の分かれ道を迎える30代
迷いながら信じた道を突き進む40代
残り時間を意識して選択する50代
自分を確立し始める60代
どの年代もあっという間に過ぎる
行きたい所があるなら行く
会いたい人がいるなら会う
やりたいことがあるなら全てやる
人生は自分が思うよりも短く
いつ終わるかわからないから】

自分に照らし合わせてみました。

10代は何も深く考えて生きてなかったけど
18歳で父が亡くなり、
19歳は浪人生で宙ぶらりん。
確かに夢中なうちに過ぎていったな。

20代は何にもうまくやれなかったな(笑)。
でも、こんな下積みの日々がないと
おっさんになったとき輝けないから
その糧になると信じてた毎日。
少しは将来を考えていたのか?
(今の時代、下積みなんて
古臭い考えなのでしょうが、
どの道が実はよかったのかは
40歳あたりで答え合わせが
あるもんだと思ってます。)

30代は人生の分かれ道満載。
体調を崩した32歳。
結婚した35歳。
父親になった36歳。そして38歳。
前職で社長になったのも38歳。
新しい人生が始まった。

40代の今。
45歳で独立して、
まさに迷いながら信じた道を突き進む今。
迷いや不安もたくさんあったけど、
何とかやっていけています。
多くの方の理解と好意、協力に
日増しに感謝する日々です。

行きたい所には、
時間的、経済的に許す限り行っていますし、
会いたい人とは10代の頃からの友人でも
今でも会える日々を過ごしてきたので
同窓会にはいく理由もないくらいです(笑)。

やりたいことは全てはやれていませんが、
これも時間、お金、家族が許す限り
やっています。
理解して許してくれる奥さんには
いつも感謝しています。

その代わり、時間がある限り
炊事も洗濯も掃除もしますし、
子育ても必死で楽しく、奥さんとやっています。
素敵な奥さんだからということもありますが、
日々の努力もあることはアピール(笑)。

やりたいことを
やるということは、そういうこと。

好きなことをやるには、
理解してもらうためにも
身も蓋もなく言えば、
「お金」か「手間」は必要。

基本は、料理と一緒と思います♪

昨日は夜ご飯作っていて
手羽中を揚げていたら油が跳ねて
瞼をヤケドしました。
痛いです・・・。

(これが油跳ねした問題の手羽中・・・)

事故で死んだ友人もいますし、
病気で死んだ友人もいます。
自ら命を絶った友人もいます。
もうそんな歳になったのかなと思います。

やりたいことはやれるように。
何よりやりたいことは何なのかを
まずはハッキリとさせて、
この1年もいい1年だったと思えるように
師走の1か月を走り切りたいと思います!

まずは今晩の献立を考えよう・・・・・。

成功者の言葉しか残らないから・・・

ラクビーワールドカップも
日本代表はベスト8で終えました。
予選リーグ全勝し、期待しましたが
南アフリカは強かったですね。

まだ試合は続きます。
ニュージーランドvs南アフリカ戦での
決勝を期待しています。

日本シリーズも始まり、
スポーツの秋にふさわしい2019年の秋。

以前にも書いたことがあるかもしれませんが、
いろんなスポーツをテレビ観戦してて
あるスポーツ選手の言葉を思い出しました。

そのスポーツ選手とは
元 陸上選手の為末大さん。
為末さんは本当にたくさんのいい言葉を
残されています。

ネット界では、正論すぎるからなのか
逆に叩かれたりすることもあるようですが、
私は結構、共感している側です。

何年前だろう?
何気に為末さんの言葉をネットで見ていたとき
その説得力に心を鷲掴みにされました。
その言葉はこんな言葉です。

「成功者の言葉しか
世の中に残らないから
『やればできる』が格言になる。」

この言葉を知った時は衝撃的だったな・・・。
このあとに続く言葉は
2パターンあるみたいです。

一つは、
「現実の社会においては
はるかに敗者のほうが多いという事実は
わかっておくべきだ。」

もう一つは、
「夢は叶わないかもしれない。
叶える為の努力は無駄に
終わってしますかもしれない。
でも何かに向かっていたその日々を
君は確かに輝いて
生きていたのではないか。
それが報酬だと思わないか。」

どっちの言葉も素晴らしく
一瞬で為末さんのファンになりました(笑)。

人生の一発勝負で勝利した人がいます。
とてつもない大金持ちになっていたり、
はるか高い地位についていたり・・・。

どっちかっていったら
多くの人から尊敬されるというより、
金持ちになった人の方が
実際、世の中では成功者っていう意味が
強いと感じませんか?

こんな世の中で成功者と言われる人達に
ある人が「成功した理由は?」と聞いたら
多くの方が「運がよかった。」と
答えた話はよく聞きます。

やらなければ始まらない といったことも
分かった上でですが、
それでも大勝負して勝った人が1人いれば、
大負けした人は100人以上はいるでしょう。

だから結果「運がよかった。」みたいな話に
なっているのも事実と思えば、
成功体験を聞いてもなかなか自分の身に
落とし込めないわけです。

納得できないというか
共感できないというか。

結局、成功者と言われる人には
同じように勝負して敗北した相手を
ねぎらう気持ちやチャレンジしたことの敬意、
周りの人への謙虚な気持ちがなかったら
心の底からすごいなって思えないわけです。

こういう話をしたら
それは負け惜しみとかいう人もいますけど、
そんな風に言う人とは分かり合えないだろうし、
それでもそんな人でも嫌がらず
付き合えとか仲よくしろと強要されることが
パワハラ、モラハラってことなんだと
最近、しみじみ思いますね。

努力しても報われないなら意味がないと
損得勘定むき出しの人も
あんまり仲良くなれる気はしません。

なんでもかんでも遠回りが無駄なことだと
思っている人にも私は共感できないです。

私は人が嫌がること、やりたくないことでも
やらないといけないことは
やらないといけないと思っています。

ただそんなときいつも思うのは
どうせやるなら楽しんでやろうと・・・・
周りを巻き込んで逆に楽しみながら
やり終えることを心がけています。

やりたくないことはやらないと
自分目線だけなら一見、正しそうに感じるけど
他人目線ならわがままでめんどくさいこと
この上ない考えの人たちは
一生、気づくこともないでしょうが(苦笑)。

しんどいこと や
やりたくないことでも
やらないといけないことを
一緒にやり超えれた人達の中にこそ
お互いを尊敬し、理解しあえる
そんな友人か仲間に出逢える秘密なことに
気づくことはないのだろうなと思う私。

ちなみに、これは個人的に
人生の 達人 になる秘訣の一つ と考えています。

(これは たつじぃ・・・)

「自分の人生において
素晴らしき理解者に逢えること。」
そんな感じかな?

「やればできる」というより
「できるかどうかは分からないけど、
やらならなければできない。」
「やらなくてはいけないことを
一緒にやりきった人の中に
自分にとっての仲間や理解者がいる。」
といった格言を
娘2人には伝えていきたい、
これからの若い人たちに知ってほしいと
日々、ウザがられながら
熱く語っていきたいと思います(笑)。

娘たち、スマン・・・・・。
酔った勢いでは言わない様には心がけます。